粉末昆布だしと薄口醬油で作る牡蠣ご飯

粉末昆布だしと薄口醬油で作る牡蠣ご飯
太ったクリーミーな牡蠣を使った牡蠣ご飯。

牡蠣から出た旨みを、お米にタップリ吸わせてふっくら炊き上げました。

磯の香が食欲をそそる間違いなしの逸品です。

材料(2合分)

牡蠣
200g
板海苔
1/2枚
2合
〔A〕塩
小さじ2
〔A〕片栗粉
大さじ2
〔B〕昆布だし
5g
〔B〕淡口醬油
大さじ2・1/2
〔B〕日本酒
大さじ2・1/2
〔B〕水
100cc
適量
〔A〕牡蠣洗浄用、〔B〕炊き込みだし
※粉末だしは塩分無添加のものを使っています。

作り方

process1
牡蠣は〔A〕を使ってきれいに洗い、海水濃度の塩水(分量外)で、数回きれいにすすいだ後、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。
process2
小さな鍋に〔B〕を全て入れ、沸騰したら弱火にし、牡蠣を入れて2分ほど煮ます。
process3
2分経ったら、牡蠣を取り出し火を止めてだし汁を冷まします。
process4
だし汁を冷ましている間に、お米を研ぎます。ボウルに水を入れ、お米を入れたら軽くすすいで、出来るだけ早く水を捨てます。すすぎ洗いが終わったら、お米を数回研いで、2~3回水を入れ替えながら、さらにすすぎます。すすぎ終わったら、水に浸水させて30~60分水を吸わせます。
process5
米が十分水を吸ったら炊飯釜に入れ、冷めただし汁を加えいつもと同じ水加減になるように注水します。水を加えたら、だし汁と均等になるように軽く混ぜた後、いつも通りに炊いてください。
process6
ご飯が炊き上がった直後に、牡蠣をご飯の上にのせ、再び蓋をして10分蒸らします。

蒸らし終えたら、牡蠣から出た煮汁も加え、ご飯を軽く混ぜ合わせ、お茶碗に盛り付けます。ご飯の上に牡蠣をのせ、ガス火で焙った海苔をちぎってのせたら完成です。

レシピのポイント

point1
牡蠣が固くならないように火を通し過ぎないこと。

今回の加熱時間通りで大きい牡蠣にも十分火が入るので参考にしてください。
point2
ご飯をふっくら美味しく炊き上げるため、米の浸水も大切です。

十分水を含むよう、時間をかけて浸水させてください。また、水でぬらした米を長時間空気にふれさせないこと。水分を含んだ米が乾燥すると割れてしまいふっくら美味しく炊けません!米を研いだ後、ザルに上げるなど絶対にしてはいけません。

レシピに使用した調味料

0 件のコメント :

コメントを投稿