誰が作っても絶対に美味しい!焼きなす

焼きなす
なすの定番レシピ“焼きなす”を基本に忠実に作りました。

なすは焼くことで、とろけるような柔らかい食感になり、味も濃厚に。

かつお節と生姜を添えて、定番の醤油をかけるだけで、至極の味が楽しめます。

焼きに時間が掛かったり、皮を剥いたり、チョッピリ面倒ですが、この味が楽しめるなら、多少の手間は報われます。

副菜としても良し、酒の肴としても良しのシンプルレシピ。今宵、試してみてはいかがでしょうか。

材料(3人分)

なす
3本
かつお節
1パック
生姜
15g
刺身醤油
適量

作り方(わかりにくいので後日、画像をアップ予定です。)

process1
なすを洗い、棘に気をつけてガクを手でめくって剥がします。焼いた後、皮が剥きやすいように、ヘタの周りに浅く切れ目を入れます。
process2
次に、なす自体の縦方向にも薄く何本も切り込みを入れ、皮を剥きやすくしておきます。最後になすのお尻の部分も少し切り取っておきます。
process3
なすの下処理が終わったら、予熱した魚焼きグリルに入れ、弱火で12分ほど焼きます。我が家の魚焼きグリルは上面のみのため、3分毎になすの向きを変えて全体が均等に焼けるようにします。
process4
なすを少し押してみて、固い部分がなければ焼き上がり。押しただけではわからない場合は、楊枝を一番太い部分に刺して、スッーと通ればOKです。
process5
焼き上がったなすを、手でさわれるぐらいまで冷ましたら、包丁で切れ目を入れた部分から皮を全て剥がします。
process6
なすの皮を全て剥いだら、粗熱を取った後、冷蔵庫で冷やします。
process6
食べる直前に冷蔵庫から取り出し、食べやすい大きさに切り分けたら器に盛り付け、かつお節を振り、すりおろした生姜を添えます。食べる時にお好みで醤油をかけて召し上がってください。

レシピのポイント

point1
焼く前に薄く包丁を入れておくこと

切り込みを入れていなくても、皮を剥くことは可能ですが手間がかかります。皮の部分だけを切るような浅い切り込みを入れておくと、皮を剥きやすくなるのでお試しください。ただ、深く切りすぎると、バラバラになったり、切れ目からなすの旨みが流れ出るかもしれないので、皮だけを切る感じで、浅く切るようにしてください。
point2
焼いたなすは水にさらさないこと

焼いた後に、なすを水にさらして皮を剥くレシピがありますが、水っぽくなって美味しさが逃げてしまうので、なすの皮は水に浸けずに剥きましょう。
point3
食べ方はお好みで

今回のレシピは冷蔵庫で冷やしましたが、温かいままでも美味しくいただけます。また、刺身醤油のかわりに、普通の醤油や麺つゆでもOKです。お好みの味でお楽しみください。

レシピに使用した調味料



にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

0 件のコメント :

コメントを投稿