キハダマグロと真鯛のお刺身

キハダマグロと真鯛のお刺身
スーパーで状態の良いキハダマグロの冊を見つけたので、真鯛と一緒に刺盛にしようと思います。

刺身は何度か切ったことがあるんだけど完全に我流・・・。

今回も我流だけど、ちょっとは見た目がましになったので、覚書としてブログに残しておきます。

ただ、我流ではそろそろ限界なので、今後は、少しずつ勉強して本格的?な刺身に挑戦する必要があるかな・・・。

材料(3人分)

キハダマグロ刺身冊
180g
真鯛刺身冊(腹身側)
90g
大根
180g
大葉
6枚
塩蔵わかめ
適量
すだち
1.5個
レモン
3スライス
刺身醤油
適量
わさび
適量

作り方

process1
キハダマグロと真鯛のお刺身の作り方1
大根はスライサーで薄切りにして、包丁で刻めば簡単にけんが作れます。

チョットぶ厚いんだけどね・・・。

刻んだけんは、盛りつける直前まで、氷水にさらしてシャキシャキにしておきます。

process2
キハダマグロと真鯛のお刺身の作り方2
刺身冊は、パックから取り出したら、キッチンペーパーで包んで、表面の水分(ドリップ)を取り除きます。

process3
キハダマグロと真鯛のお刺身の作り方3
キハダマグロは平づくり、真鯛はそぎ切りにしました。

process4
キハダマグロと真鯛のお刺身の作り方4
けんを高めに盛って、大葉を置き、その上に刺身を並べます。

process5
キハダマグロと真鯛のお刺身の作り方5
つまのわかめ、レモンスライス、すだちを添えて完成です。

お好みで、わさびも添えて下さい。


キハダマグロと真鯛のお刺身の食レポ!

研ぎたての包丁で、一気に引き切りにしたんだけど、真鯛の方はイマイチかな・・・。

腹身側の冊を切るのが初めてだったので、厚みにばらつきが出来て食感に不満が残りました。

もっと経験を積んで、そぎ切りの腕を上げる必要ありです!

キハダマグロは、平作りに慣れている事もあって、マズマズきれいに切れました。

食感も問題なし。

刺身以外で技術的なことでいえば、けんが太すぎ。

かつらむきなんて出来ないから、今回の方法にしたんだけどイマイチでした。

このままの方法を練習して、納得のいくけんに仕上がるのかもわかんないので、けんについては方法も含めて再検討することに。

あと、盛り付けのセンスや、つまにもまだまだ納得できないことがあるんで、全てにおいて勉強と練習の必要ありです。

いつか料亭のような刺盛が作れるように修行あるのみ!ってことで。

レシピに使用した調味料


※「レシピに使用した調味料」のリンク先はアマゾンの商品紹介ページです。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

0 件のコメント :

コメントを投稿