卵白で作るもちもち食感の薄焼きホットケーキ

もちもち食感の薄焼きホットケーキ
あまり物の卵白消費レシピです。

ぶ厚くて、しっとりフワフワのホットケーキが大人気ですが、今回は、薄焼きのもちもちホットケーキにしました。

5mm程の厚さなので、クレープよりもしっかりした食感で、パサつきは一切なし!

バターを塗り広げ、メープルシロップを垂らし、食べやすい大きさに折りたたんで、かぶりついて下さい。

ほのかな甘さのもっちりホットケーキが、バターの香りとシロップの甘味をまとって大満足のスイーツに!

クレープのように、クリームやフルーツを包み込んで楽しむことも可能です。

薄焼きなので焼き時間も短く、失敗の少ないレシピなので誰にでもオススメ出来ます。

材料(直径16㎝・厚さ5mm 6.5枚分)

薄力粉
200g
ベーキングパウダー
10g
きび砂糖
40g
卵白
2個分
牛乳
200cc
バニラオイル
10滴
無塩バター(溶かし)
5g
100cc
〔A〕無塩バター
20g
〔A〕メープルシロップ
適量
〔A〕トッピング用

作り方

process1
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方1
卵白を溶きほぐします。フワフワに仕上げるわけではないので、卵白がほぐれたらOKです。
process2
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方2
溶きほぐした卵白に、きび砂糖を加え、ジャリジャリいわなくなるまでよく混ぜます。
process3
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方3
別容器で湯煎してバターを溶かし、きび砂糖を加えた卵白を加えます。
process4
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方4
バターを混ぜ込んだら、バニラオイルで香りをつけます。
process5
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方5
薄力粉とバーキングパウダーを合わせ、ふるいにかけながら加え混ぜ合わせます。
process6
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方6
ダマが無くなるまで混ぜたら、水を加えて生地を柔らかくします。生地の固さは、泡だて器で持ち上げると直ぐに垂れて残らないこと。もちろんカドも立ちません。シャバシャバの状態です。
process7
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方7
フライパンにオリーブオイル(分量外・小さじ1)を敷いて、中火で加熱します。フライパンが温まったら、お玉に一杯に生地をすくい、10cm程度の高さからフライパンに落とします。生地がやわらかいのできれいな円形に広がります。

※普通のホットケーキを焼く場合は、焼きムラを防止するため、濡れ布巾の上にフライパンを数秒おいて少し冷ますのですが、薄焼きホットケーキの場合は、生地がやわらかく広がりが速いので、濡れ布巾を使わなくても焼きムラが出来ません。
process8
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方8
火加減は、1枚目の焼きはじめから、最後の焼き終わりまで中火で一定です。フライパンの底に軽く炎の先端が届く程度の火加減です。焼き時間は片面1分30秒、裏返して1分で出来上がりです。
process9
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方9
焼き始めて、1分30秒の状態です。ほぼ表面が固まっています。
process10
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方10
裏返して、1分焼きます。
process11
もちもち食感の薄焼きホットケーキの作り方11
焼き上がったら、お皿に盛り付けてお好きな食べ方でお楽しみください。ちなみに、裏面は焼きムラが出来ます。焼きムラが気になる場合は、表面が固まらないうちに一度ひっくり返した後、きれいな焼き目がつくまで焼いてください。1分焼いて裏返し、2分焼いてもう一度裏返し、さらに1分焼けば両面きれいな焼き色になると思います。

レシピのポイント

point1
焼きのテクニックがいらないのがポイント!?

ずっ~と、中火のままでOKです。焼き始める前に濡れ布巾にのせる手間もいりません。
point2
水加減で、食感・厚さも自由自在

水を加えずに焼けば、厚くフワフワのホットケーキになります。ただし、生地の広がりが悪く焼きムラができやすいので、濡れ布巾を使うなどして温度管理をしながら焼く必要があります。
point3
色んなアレンジが楽しめる

次回は、使わなかった卵黄でカスタードクリームを作って、巻いてみようかと思っています。

レシピに使用した調味料


0 件のコメント :

コメントを投稿