鰹タタキのキムチ丼

鰹タタキのキムチ丼
コチジャン・ごま油・醤油を合わせて漬けダレにして、鰹タタキを漬け込みました。

さっぱり味の鰹タタキがコク旨になって美味しさアップ!

相性抜群の白菜キムチも混ぜ込んで、ご飯の上にのせたら、想像以上に美味しいピリ辛海鮮丼が出来上がりました。

材料(3人分)

鰹タタキ刺身用冊
440g
薬味ねぎ
5g
卵黄
1個
炒り白ごま
大さじ1
白菜キムチ
150g
ご飯(軽く3杯分)
500g
〔A〕コチュジャン
5g
〔A〕濃口醤油
大さじ1
〔A〕ごま油
大さじ2
〔A〕漬けダレ

作り方

process1
鰹タタキのキムチ丼の作り方1
〔A〕をボウルに入れ、よく混ぜます。
process2
鰹タタキのキムチ丼の作り方2
〔A〕がよく混ざったら、卵黄も加えて乳化させるようにさらに混ぜます。
process3
鰹タタキのキムチ丼の作り方3
鰹タタキ冊をキッチンペーパーできれいに拭いた後、1cm厚の平づくりにし、漬けダレに15分ほど漬け込みます。
process4
鰹タタキのキムチ丼の作り方4
鰹タタキに味が十分入ったら、キムチと白ゴマもボウルに加えて混ぜ合わせます。
process5
鰹タタキのキムチ丼の作り方5
丼にご飯をよそい、ご飯の上に鰹タタキとキムチを盛り付け、最後にきざんだ薬味ねぎを散らして完成です。

レシピのポイント

point1
鰹タタキは漬けダレに十分漬け込んで味をつけておくこと。

鰹タタキにキムチを混ぜるだけだと味が薄いので、コチジャンを使ったタレに漬け込むことで味を補います。タレは塩辛くないので長時間漬けこんでも大丈夫です。
point2
タレに卵黄を加え乳化させること。

鰹自体が淡白なので、卵黄を使ってコクを出します。ごま油と乳化することで美味しくなるので、タレにトロミがつくまで十分混ぜてください。

レシピに使用した調味料

0 件のコメント :

コメントを投稿