生姜ダレ仕立ての鯛の漬け丼

生姜ダレ仕立ての鯛の漬け丼
サッパリでありながら、だしの効いた生姜仕立てのタレに鯛を漬け込みました。

塩辛くない醤油ダレなので、長時間漬けこんでもOK!

十分にタレの旨みを含ませて、美味しく仕上がった極上の鯛の漬け丼をお試し下さい!

材料(3人分)

鯛刺身用冊
200g
薬味ねぎ
10g
炒り白ごま
小さじ1
きざみ海苔
適量
〔A〕淡口醤油
大さじ2
〔A〕みりん
大さじ1
〔A〕日本酒
大さじ1
〔A〕昆布だし
2g
〔A〕生姜
10g
〔A〕漬けダレ
※粉末だしは塩分無添加のものを使っています。

作り方

process1
生姜ダレ仕立ての鯛の漬け丼の作り方1
生姜を除いた〔A〕を鍋に入れ、沸騰させてアルコールを飛ばし、粉末だしを完全に溶かします。アルコールを飛ばしたらバットに移し、常温になるまで冷まします。
process2
生姜ダレ仕立ての鯛の漬け丼の作り方2
漬けダレが冷めたら、すりおろした生姜を加え漬けダレの完成です。
process3
生姜ダレ仕立ての鯛の漬け丼の作り方3
漬けダレが完成したら、鯛の刺身冊を薄目に削ぎ切りにします。
process4
生姜ダレ仕立ての鯛の漬け丼の作り方4
削ぎ切りにした鯛の刺身を漬けダレに30分以上漬け込みます。塩分控えめのタレなので、長く漬けても塩辛くならないので出来れば半日ほど漬け込んでください。
process5
鯛の刺身がよく漬かったら、器にご飯を盛り、少し冷ましておきます。ご飯が冷めたらタレを少しご飯に回しかけ、きざみ海苔を散らし、鯛を盛りつけます。ゴマと薬味ねぎを散らしたら完成です。

レシピのポイント

point1
漬けにするものの、鯛は出来るだけ新鮮なものを選んでください。古いと臭みが出て美味しくありません。
point2
歯応えのある白身の刺身なので、出来るだけ薄く切ってください。食感が良くなって美味しく仕上がります。
point3
ご飯は、少し冷ましてから鯛を盛りつけてください。アツアツだと鯛に熱が入ってしまいます。

レシピに使用した調味料

0 件のコメント :

コメントを投稿