牛切り落としで作る肉じゃが

牛切り落としで作る肉じゃが
牛肉を使った西日本流の肉じゃがを、市販の粉末だしを使って作りました。

具材を炒めないので、油も不要。

手抜きのようなレシピですが、半日寝かせることで味が染み込み美味しい肉じゃがに仕上げました。

材料(3人分)

牛切り落とし
150g
じゃがいも(メークイン)
300g
玉ねぎ
200g
にんじん
100g
ブロッコリー
100g
しらたき
160g
〔A〕かつおだし
5g
〔A〕濃口醤油
大さじ3
〔A〕みりん
大さじ2
〔A〕日本酒
大さじ2
〔A〕きび砂糖
大さじ1
〔A〕水
400cc
〔A〕だし汁
※粉末だしは塩分無添加のものを使っています。

作り方

process1
牛切り落としで作る肉じゃがの作り方1
〔A〕をすべて鍋に入れ、よく混ぜます。

じゃがいもは一口サイズ、玉ねぎは繊維に沿ってくし切り。にんじんはいちょう切りにして鍋に加え、火を付けます。
process2
牛切り落としで作る肉じゃがの作り方2
中火で一度沸騰させたら、落し蓋をして弱火で20分煮込みます。
process3
牛切り落としで作る肉じゃがの作り方3
具材が柔らかく煮えたら、牛肉を広げて入れ軽く煮ます。
process4
牛切り落としで作る肉じゃがの作り方4
牛肉の色が変わったら、別鍋で3分下茹でした後、きれいに洗ったしらたきを食べやすい長さに切ってから加えます。 アクをすくい取りながら、蓋をせずに煮汁が半分ぐらいになるまで弱火で煮込みます。
process5
牛切り落としで作る肉じゃがの作り方5
煮汁が半分になったら火を止めて、半日ほど寝かせて味を染み込ませます。
process6
牛切り落としで作る肉じゃがの作り方6
食べる直前に、下茹でしたブロッコリーを加えて火を着け、具材か温まったら完成です。

レシピのポイント

point1
冷たい煮汁から煮始めること。

根菜類は湯から煮始めると、芯が残って表面が崩れます。水からゆっくり煮始めます。
point2
煮汁が少ないので落し蓋をすること。

具材が踊らなくなるので煮崩れしにくく、対流が生まれることで少ない煮汁でも全ての具材に味が染みムラなく仕上がります。
point3
じゃがいもはメークインを使うこと。

落し蓋をし、グラグラ煮立たせずにジックリ煮込み、寝かせて味を染み込ませれば他の品種でも良いように思いますが、実際に男爵などで作ると煮崩れます。見た目も気にするならメークインをオススメします。
point4
煮込み過ぎないこと。

じゃがいも・にんじん共に、少し食感が残る方が美味しいと思います。噛みごたえが無くなるまで煮込まないように気をつけます。
point5
半日(6時間)以上寝かせること。

寝かせる時間が6時間以下では、芯まで味が入っていないことがありました。 また、長く寝かせるほど調味料が馴染んでカドが取れ旨みが増します。出来ることなら一晩寝かせると最高の状態になります。

レシピに使用した調味料

0 件のコメント :

コメントを投稿