銀杏の炊き込みご飯

銀杏の炊き込みご飯
晩秋に味わう極上の銀杏レシピです。

苦み・香・食感など銀杏の特徴を生かし切り、ホクホクの薄味仕立てに仕上げた炊き込みご飯です。

我が家でも、おかわりが最も多いレシピの一つとなりました!

材料(2合分)

銀杏
12個
2合
小さじ1
日本酒
小さじ2
だし昆布(5cm×5cm)
1枚

作り方

process1
銀杏の炊き込みご飯の作り方1
銀杏はプライヤーなどで殻を割ります。

※今回は家にあったをウォーターレンチプライヤーを使いました。プライヤーの他、かなづちなどでも殻を割れます。専用の殻割もあるようですが、家にある工具などで十分だと思います。
process2
銀杏の炊き込みご飯の作り方2
殻を割った銀杏は茹でて薄皮をきれいに剥きます。
process3
銀杏の炊き込みご飯の作り方3
お米を研いで、いつもと同じ水加減にし、塩を加えて軽く混ぜます。お米の上に昆布をのせ、更にその上に銀杏をのせ、炊飯器で普通に炊きます。
process4
銀杏の炊き込みご飯の作り方4
炊き上がったら、昆布を取り除きます。
process5
銀杏の炊き込みご飯の作り方5
酒を回し入れた後、銀杏が均等に行きわたるようにざっくり混ぜ、10分ほど蒸らしたら完成です。

レシピのポイント

point1
濃い味付けだと銀杏が台無しになるので、薄味で仕上げる事がポイントです。

炊き込みご飯だからと、濃い味付けにするのではなく、スッキリ薄味を心がけてください。だし昆布で、少し旨みを増し、お酒を加えて香り付けすることもお忘れなく!

レシピに使用した調味料

0 件のコメント :

コメントを投稿